成人の約8割は歯周病予備軍です

成人の約8割は歯周病予備軍です

歯周病は、お口の中のプラークや歯石の中の歯周病菌が原因で歯ぐきが炎症を起こし、そのまま放置すると歯を支える組織や顎の骨を溶かしていき、やがては歯を失うことにつながる病気です。初期段階では自覚症状が現れないので、悪化させやすいのが特徴です。

日本の成人の約8割が歯周病予備軍、またはすでに歯周病を発症しているといわれるほど蔓延しています。「歯ぐきの腫れ」「歯ぐきからの出血」「強い口臭」など気になる症状がありましたら、お早めに長野県佐久市、合同庁舎前の歯医者で平日20時まで診療している「あるが歯科医院」にご相談ください。

歯周病になりやすい方の特徴

歯周病になりやすい方の特徴

歯周病の予防や治療の基本はお口の中の汚れを落とすことですので、毎日の丁寧なブラッシングと歯科医院での定期的なクリーニングによりプラーク(歯垢)や歯石を落とすことが大切です。歯周病は感染症のひとつで、発症や進行は免疫力と深く関連する生活習慣病のひとつでもあります。そのため次のような生活習慣があると歯周病のリスクが高まりますので注意が必要です。

喫煙 間食
タバコの煙には多くの有害物質が含まれているので、歯周病の発症や悪化につながります。 間食が多く、ダラダラ食べる習慣があると、お口の中が汚れている時間が長くなるので細菌が繁殖しやすくなります。
咀嚼不足 ストレス過多
お口の自浄作用がある唾液の分泌は、咬むことで促されます。あまり咀嚼(そしゃく)しないと唾液の分泌量が不足してしまいます。 寝不足だったり、疲労やストレスがたまっていたりすると免疫力が低下するので歯周病にかかりやすくなります。

歯周病になりやすい方の特徴

歯周病の予防や治療の基本はお口の中の汚れを落とすことですので、毎日の丁寧なブラッシングと歯科医院での定期的なクリーニングによりプラーク(歯垢)や歯石を落とすことが大切です。歯周病は感染症のひとつで、発症や進行は免疫力と深く関連する生活習慣病のひとつでもあります。そのため次のような生活習慣があると歯周病のリスクが高まりますので注意が必要です。

喫煙 間食 咀嚼不足 ストレス過多
タバコの煙には多くの有害物質が含まれているので、歯周病の発症や悪化につながります。 間食が多く、ダラダラ食べる習慣があると、お口の中が汚れている時間が長くなるので細菌が繁殖しやすくなります。 お口の自浄作用がある唾液の分泌は、咬むことで促されます。あまり咀嚼(そしゃく)しないと唾液の分泌量が不足してしまいます。 寝不足だったり、疲労やストレスがたまっていたりすると免疫力が低下するので歯周病にかかりやすくなります。

顕微鏡で歯周病菌をチェックします

顕微鏡で歯周病菌をチェックします

「あるが歯科医院」では、位相差顕微鏡を用いた歯周病菌の検査をしています。お口の中のプラークを顕微鏡で観察することで、患者さんの口の中にどの種類の歯周病菌がどのくらいいるのかを検査できるのです。歯周病菌の種類は400種類以上いるといわれています。一般的な歯肉の炎症検査やレントゲン検査ではその種類はわかりません。位相差顕微鏡を使い、歯周病菌の状態を観察することで効果的な治療につなげることができます。

プラークコントロールで歯周病になりにくい口腔内に

プラークコントロールで歯周病になりにくい口腔内に

歯周病の予防に有効なのは「プラークコントロール」です。これはプラークや歯石をきれいに取り除くこと。基本は毎日のブラッシングです。そして毎日のケアではどうしても落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れを徹底的に落とすのが、歯科医院でのプロフェッショナルケアです。歯周病だけでなく虫歯予防のためにも定期的にプロフェッショナルケアを受けましょう。

当院でクリーニングを行った例

当院でクリーニングを行った例

症状に合わせた治療方法

症状に合わせた治療方法

歯周病は、歯肉が炎症を起こしている「歯肉炎」とさらに進行して歯を支える組織にも炎症が進んでいる「歯周炎」の2種類に分類されます。そして「歯周炎」はさらに、その進行度合いにより軽度・中等度・重度に分けられます。こちらでは歯周病の進行段階に合わせたおもな治療法についてご説明しますのでご覧ください。

歯肉炎・軽度歯周炎
症状 おもな治療法
ブラッシング指導 スケーリング
歯肉炎・軽度歯周炎 歯肉炎・軽度歯周炎 歯肉炎・軽度歯周炎
歯ぐきに軽い炎症を起こし、腫れている状態です。「ブラッシング時に出血する」「冷たい物がしみる」ことがありますが、痛みはまだありません。 患者さんのお口の状態に合わせて汚れがたまりやすい部位などを残さないような効果的なブラッシング方法をアドバイスします。 「スケーラー」などの専用器具を使って、プラークや歯石を取り除きます。
中等度歯周炎
症状 おもな治療法
ルートプレーニング 歯周ポケットそうは術
中等度歯周炎 中等度歯周炎 中等度歯周炎
歯と歯ぐきの溝の「歯周ポケット」が深くなり、炎症が歯を支える組織や顎の骨にまで進んだ状態です。歯ぐきの腫れや出血、口臭があり、歯が浮くような感じや歯のグラつきを自覚するようになります。 「スケーリング」では落としきれない歯周ポケットの奥深くの汚れを「キュレット」という器具で除去します。仕上げに歯の表面をなめらかにして汚れの再付着を防ぎます。 局所麻酔後、歯周ポケットの奥深くにたまったプラークや歯石を除去し、感染した歯ぐきの一部も取り除きます。
重度歯周炎
症状 おもな治療法
エムドゲイン法 GTR法
重度歯周炎 重度歯周炎 重度歯周炎
歯を支える顎の骨の半分以上が溶けてしまった状態です。歯がグラつき、歯ぐきから膿が出て、口臭が強くなります。悪化させてしまうと歯を失うことにつながります。 歯周病に汚染された組織を除去したあと、エムドゲインゲルを注入します。歯周組織の再生を促す治療法のひとつです。 汚染組織を除去したあと、「メンブレン」という特殊な膜を挿入して、スペースを確保し、歯周組織の再生を促します。

「あるが歯科医院」の院内のご紹介はこちら

Top