6歳から始められます

6歳から始められます

乱れた歯並びが気になって笑顔をためらっていませんか? 気になる歯並びは矯正治療で整えることができます。きれいな歯並びで思いっきりの笑顔になっていただけるように、長野県佐久市、合同庁舎前の歯医者「あるが歯科医院」では、矯正歯科治療を行っています。

子供が受ける印象がある矯正治療ですが、大人になってからでも始められます。まずはお気軽にご相談ください。当院は、平日20時まで診療しているので部活やお仕事帰りでも通いやすいです。

矯正治療をおすすめする歯並び

ご自分やお子さんと似ている歯並びはありませんか? チェックしてみてください。当てはまる場合はご相談ください。

  • 上顎前突
  • 反対咬合
  • 上下顎前突
  • 交叉咬合
  • 空隙歯列
  • 叢生
  • 過蓋咬合
  • 開咬
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

「出っ歯」といわれる上の前歯が大きく前に突き出している状態です。前歯だけ出ている場合と、上の歯列全体もしくは上顎が大きく前に出ている場合があります。遺伝のほか、上下顎の成長のバランスのくずれや指しゃぶりなどが原因として考えられます。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合(はんたいこうごう)

「受け口」ともよばれ、下の歯が上の歯より前に出ている状態です。下顎の過度の成長や上顎の成長不足など、骨格に問題がある場合と、上の歯が後方に傾斜して起こる場合があります。咬む力が弱くなる、咀嚼(そしゃく)がうまくいかない、発音がしづらいなどの心配があります。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の歯列が両方とも前に突き出ている状態です。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れやすく、唇が傷つきやすい歯並びです。横顔のシルエットが特徴的です。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の歯の中心がずれ、歯並びが一部分スライドするように交叉している状態です。咀嚼時に奥歯で物をすりつぶす動きがあまりうまくいかないことがあります。顔がゆがむ恐れもあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

「すきっ歯」ともよばれ、前歯と前歯の間にすき間がある状態で、とても目立ちます。顎の大きさに対して歯が小さかったり、歯の本数が足りなかったりする場合に起こりやすい歯並びです。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がデコボコに生えたり、重なって生えたりしている状態です。歯が生えるスペースが足りないために起こることがほとんどです。八重歯(やえば)も叢生の一種です。汚れがたまりやすいので虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

正面から見て上の歯列が下の歯列を深く覆い、下の歯列がほとんど見えない状態です。「ディープバイト」ともよばれ、食べ物を咬み砕きにくく、発音にも影響を与えることがあります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯が咬み合っていても上下の前歯が開いてしまう状態です。前歯が咬み合わないので、食べ物を咬み切ることが難しく、空気がもれて発音に影響することもあります。指しゃぶりや口呼吸が原因となることが多いといわれています。

まずは専門医の無料相談会をご利用ください

まずは専門医の無料相談会をご利用ください

「歯並びをきれいにしたい」と思っていても、「どのくらいの期間がかかるのか?」「どのくらいの費用が必要なのか?」「どんな治療をするのか?」など分からないことが多いのではないでしょうか? 実際にどのような治療法を行うかは、ご予算や症状によって選択肢があります。「あるが歯科医院」では月に1回、専門医による矯正治療無料相談会を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

矯正治療の流れ

STEP1初診相談

どの歯科診療も最初のカウンセリングは大切ですが、とくに矯正歯科治療ではさまざまな治療の選択肢がありますので、時間をかけてカウンセリングを行います。疑問や不安点などがありましたら、お気軽におたずねください。

矢印

STEP2精密検査

お口の状態の精密検査を行います。レントゲンや写真撮影、歯型を採取し模型をつくり、顎機能検査などを含めたさまざまなデータを基に、顎の関節への負担が少ない矯正治療方法での治療計画を立案します。

矢印

STEP3検査結果と治療計画のご説明

精密検査の結果を基に、治療計画について詳しくご説明します。治療の選択肢に関してもそれぞれの特徴・メリット・デメリットに加え、治療期間の目安や料金などについてお話しします。すべてご納得いただけましたら、治療の開始です。

矢印

STEP4矯正装置の装着

治療計画でお選びいただいた矯正装置の装着前には、歯のクリーニングを行います。ブラッシング指導なども丁寧に行いますのでご安心ください。

矢印

STEP5装置の調整

矯正装置を装着後、4~6週間に1回のペースでご来院いただきます。歯の移動の状況を診察し装置の微調整を行います。歯を理想の位置に動かすために大切です。

矢印

STEP6保定・アフターケア

歯が理想の位置に動き、歯列がきれいに整ったのを確認しましたら、矯正装置を外します。ここから歯が戻らないように装着していただくのが取り外し可能な保定装置(リテーナー)です。歯の位置が安定しましたらアフターケアとしてお口のチェックをおすすめします。

矯正治療を行った例

矯正治療を行った例

矯正装置紹介

透明なマウスピース(インビザライン)
矯正装置紹介 治療経過に合わせてマウスピースを複数作成し、段階毎に矯正を行っていく目立たないマウスピース型矯正治療です。
メリット ・無色透明のため目立ちません
・いつでも取り外しが可能なので、お食事がいつも通り楽しめます
・いつでも洗えるので衛生的です
・金属アレルギーの方でも治療可能です
デメリット ・いつでも取り外しが行えるため、個人差が出やすいです
(1日の装着時間が長ければ長いほど効果を発揮します)
矯正装置紹介
治療経過に合わせてマウスピースを複数作成し、段階毎に矯正を行っていく目立たないマウスピース型矯正治療です。
メリット ・無色透明のため目立ちません
・いつでも取り外しが可能なので、お食事がいつも通り楽しめます
・いつでも洗えるので衛生的です
・金属アレルギーの方でも治療可能です
デメリット ・いつでも取り外しが行えるため、個人差が出やすいです
(1日の装着時間が長ければ長いほど効果を発揮します)
メタルブラケット
メタルブラケット 歯に装着する装置(ブラケット)に金属を使用し、ワイヤーを通して歯を移動させます。
メリット ・比較的安価です
・ほとんどの歯列矯正に使用可能です
・治療効果が高めです
デメリット ・目立ちます
メタルブラケット
歯に装着する装置(ブラケット)に金属を使用し、ワイヤーを通して歯を移動させます。
メリット ・比較的安価です
・ほとんどの歯列矯正に使用可能です
・治療効果が高めです
デメリット ・目立ちます
クリアブラケット・セラミックブラケット
クリアブラケット・セラミックブラケット 歯の表面につけるブラケットをセラミックでつくった矯正装置です。
メリット ・メタルブラケットにくらべ目立ちません
・しくみはメタルブラケットと同じでほとんどの歯列矯正に使用可能で、治療効果も高めです
・金属アレルギーの方でも治療可能です
デメリット ・治療費が比較的高額です
クリアブラケット・セラミックブラケット
歯の表面につけるブラケットをセラミックでつくった矯正装置です。
メリット ・メタルブラケットにくらべ目立ちません
・しくみはメタルブラケットと同じでほとんどの歯列矯正に使用可能で、治療効果も高めです
・金属アレルギーの方でも治療可能です
デメリット ・治療費が比較的高額です
リンガルアーチ
リンガルアーチ 歯の裏側(舌側)にブラケットを装着するタイプです。
メリット ・正面から見えないので矯正治療を受けていることにほとんど気づかれません
・吹奏楽器の演奏などに支障をきたしません
・歯の表面のエナメル質を傷つけずに済みます
デメリット ・表面矯正より治療期間が長くなることがあります
・治療費が比較的高額です
・慣れるまで発音がしにくいことがあります
・技術と経験がある歯科医院で行うことがのぞまれます
リンガルアーチ
歯の裏側(舌側)にブラケットを装着するタイプです。
メリット ・正面から見えないので矯正治療を受けていることにほとんど気づかれません
・吹奏楽器の演奏などに支障をきたしません
・歯の表面のエナメル質を傷つけずに済みます
デメリット ・表面矯正より治療期間が長くなることがあります
・治療費が比較的高額です
・慣れるまで発音がしにくいことがあります
・技術と経験がある歯科医院で行うことがのぞまれます
床矯正
床矯正 歯が並ぶスペースを確保するため顎の骨を拡げる、取り外し可能な装置です。
メリット ・取り外しができるので食事やブラッシングに支障をきたしません
・外して汚れを落とせるので衛生的です
デメリット ・毎日一定時間(12時間)以上、装着をする必要があります
床矯正
歯が並ぶスペースを確保するため顎の骨を拡げる、取り外し可能な装置です。
メリット ・取り外しができるので食事やブラッシングに支障をきたしません
・外して汚れを落とせるので衛生的です
デメリット ・毎日一定時間(12時間)以上、装着をする必要があります
インプラント矯正
インプラント矯正 顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、歯を移動するための固定源にする方法です。
メリット ・固定源が安定しているので歯の移動効率が高くなります
・治療期間が短めです
・奥歯を含め、すべての歯の後方移動が可能です
・抜歯を避けることができる場合があります
・ヘッドギアなどの補助的な器具が不要になることがあります
デメリット ・インプラントを埋入するための外科手術が必要です
・お口の状態によって適用できません
・インプラントの周囲は清潔に保つ必要があります
・顎の成長が終わっている高校生以上が対象です
インプラント矯正
顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、歯を移動するための固定源にする方法です。
メリット ・固定源が安定しているので歯の移動効率が高くなります
・治療期間が短めです
・奥歯を含め、すべての歯の後方移動が可能です
・抜歯を避けることができる場合があります
・ヘッドギアなどの補助的な器具が不要になることがあります
デメリット ・インプラントを埋入するための外科手術が必要です
・お口の状態によって適用できません
・インプラントの周囲は清潔に保つ必要があります
・顎の成長が終わっている高校生以上が対象です

治療費紹介

舌側矯正(フルリンガル) 800,000円(装置料込)+調整料1回5,000円×回数
舌側矯正(ハーフリンガル) 700,000円(装置料込)+調整料1回5,000円×回数
唇側(ラビアル)矯正 500,000~600,000円(装置料込)+調整料1回4,000円×回数
インプラント矯正 使用する矯正装置の価格+インプラント1本20,000円
小児矯正 100,000~300,000円(装置料込)+調整料1回4,000円×回数

※料金は全て税抜きです。

「あるが歯科医院」へのアクセスはこちら

Top