痛みを感じたらまず診察を

痛みを感じたらまず診察を

虫歯は初期段階では自覚症状がほとんど現れない病気です。つまり、「冷たい物がしみる」「歯が痛む」などを感じたときにはすでにある程度進行している可能性があります。そのまま放っておくとどんどん悪化し、歯を失うことにもつながりますので、違和感を覚えたらできるだけ早くご相談
ください。

長野県佐久市、合同庁舎前の歯医者「あるが歯科医院」では患者さんのご要望を優先した治療法をご提案します。
平日は20時まで診療していますので、部活やお仕事帰りにもぜひご来院ください。

むやみに削ることはしません

むやみに削ることはしません

虫歯の治療では虫歯部分を削るのが一般的な方法です。詰め物や被せ物でその部分を補うには、削った部分の形を整えなければなりません。つまり健康な歯質もある程度削る必要があります。しかし歯は一度削ってしまうと元に戻りません。治療はできても元通りにはできないのです。

歯の健康や寿命を考えると、できるだけ自分の歯を残すことが大切ですので、当院ではむやみに歯を削らないようにするため、まず虫歯検査を行います。歯を削る前に虫歯の度合いを数値化できる「ダイアグノデント(虫歯診断装置)」を使用すれば、削り過ぎを防ぐことができるからです。

むやみに削ることはしません

また歯をできるだけ残すように抜歯を避け、歯の神経も残すような治療法を優先しています。歯の神経や血管を抜いてしまうと、栄養が行き渡らなくなり、歯がもろくなったり、割れやすくなったりするうえ、痛みがないので虫歯の進行にも気づきにくいのです。そこで、歯の健康を守るため、できるだけ歯を残す、歯の神経を温存するような治療を選択しています。

当院では、できるだけ痛くない治療を心がけていますので、歯医者が苦手……という方も安心してご来院ください。

治療の痛みを抑えるポイント

表面麻酔
表面麻酔 注射針を刺すときの「チクッ」として痛みに弱い方も安心して麻酔注射を受けていただけるように、当院ではまず表面麻酔を施します。注射をする部位のお口の粘膜に塗ると麻酔注射の針の痛みが軽減されます。
表面麻酔
注射針を刺すときの「チクッ」として痛みに弱い方も安心して麻酔注射を受けていただけるように、当院ではまず表面麻酔を施します。注射をする部位のお口の粘膜に塗ると麻酔注射の針の痛みが軽減されます。
電動麻酔
電動麻酔 麻酔液を手動で注射する際、力の入れ方にムラができると液の注入速度や量が変化するので圧痛を感じることがあります。圧力を一定に保ちながら注射ができる電動麻酔器の使用は痛みの軽減につながります。
電動麻酔
麻酔液を手動で注射する際、力の入れ方にムラができると液の注入速度や量が変化するので圧痛を感じることがあります。圧力を一定に保ちながら注射ができる電動麻酔器の使用は痛みの軽減につながります。
笑気麻酔

鎮静効果やリラックス作用がある「笑気ガス」を使った笑気麻酔により、治療に対する不安や恐怖を感じることなく診療を受けられます。麻酔成分はすぐに抜けますので、数分で帰宅可能です。
※念のため車やバイク、自転車などの乗り物の運転はお控えください。

重度にまで進行した虫歯には根管治療を行います

重度にまで進行した虫歯には根管治療を行います

歯の表面のエナメル質を溶かし、次に内側の象牙質に進み、やがては歯の中の神経にまで進んでいく虫歯。従来は歯の神経にまで達してしまった重度の虫歯は抜歯を余儀なくされていました。しかしできるだけ歯を残すために、当院では「根管治療」を行っています。

「根管治療」とは、歯の神経や血管が入っている細い管「根管」の中から虫歯に汚染された組織を取り除き、根管内を洗浄・消毒して細菌が入らないようにすき間なく薬剤を詰める処置です。

重度にまで進行した虫歯には根管治療を行います

「根管」はとても細く複雑な形状をしています。その中から虫歯菌に汚染された神経や血管、歯質をすっかり取り除かなければなりません。もし細菌を残してしまうと虫歯の再発につながり、抜歯のリスクを高めてしまいます。「根管治療」を成功させるために「あるが歯科医院」では、拡大鏡を使用して肉眼では捉えにくい根管内を拡大視して確認し、一つひとつの処置を確実に行っています。重度の虫歯でもあきらめず、まずはなるべくお早めにご相談ください。

根管治療から被せ物装着までの流れ
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
step1 step2 step3 step4
数回にわたって汚染組織を徹底的に除去します 根管内を洗浄・除菌します 薬剤をすき間なく詰めます 土台の上に被せ物を装着して歯の機能を補います
STEP1
step1
数回にわたって汚染組織を徹底的に除去します
STEP2
step2
根管内を洗浄・除菌します
STEP3
step3
薬剤をすき間なく詰めます
STEP4
step4
土台の上に被せ物を装着して歯の機能を補います

治療の中断はデメリットしかありません

治療の中断はデメリットしかありません

根管治療は細かい部位の細かい処置が続く治療なので、根気が必要です。根管内に細菌を残さないためには、数回の通院をしなければなりません。「痛み」がなくなり通院回数が増えてしまうと通院を途中で中断してしまう方がいらっしゃいますが、これはお口のトラブルリスクを高めます。根管治療中は細菌の感染を起こしやすく、ここで虫歯を悪化させてしまうとせっかく途中までうまくいっていた治療が台無しになるだけでなく、大切な歯の抜歯につながってしまいます。どんな治療でも中断はよくありませんが、根管治療はとくに注意が必要です。治療は最後までしっかり受けましょう。

「あるが歯科医院」の診療メニューはこちら

Top